MENU

背が伸びる子の特徴ってある?諦めかけてる人に知ってほしいこと

背が伸びる子の特徴ってある?諦めかけてる人に知ってほしいこと

親としてはどうしても気になってしまうのが、お子さんの身長ですよね。

一般的に、身長というのは9割が遺伝の影響を受けると言われています。両親の身長から、将来的な身長を予測する計算式も存在するほどです。

しかし、誰にでも身長が伸びやすい時期はあり、そのタイミングで適切なケアをすれば遺伝以外の要素によって身長が伸びる可能性はあります。

この記事では、成長を後押しするポイントや、成長のスパートを確実に捉えるコツについて解説していきます。

目次

背が伸びやすい子の特徴

あくまでも一般例ですが、背が伸びやすい子の特徴というものがあります。

もちろん例外もありますので、「そういう傾向がある」とだけ押さえておいてください。

両親のどちらかの身長が高く遺伝によるもの

冒頭でも触れましたが、身長がどれだけ伸びるのかは遺伝による要素が大きく関わってきます。

以下は、日本人の身長から統計を取って作成された予測式です。

男子= (両親の身長の合計+13)/ 2+2

女子= (両親の身長の合計-13)/ 2+2

ここで導き出される数値はあくまでも予測値なので、実際には生活習慣によって思っていたよりも伸びなかったり、反対に「親族の中でもずば抜けて大きい」ほどに背が伸びたりということは十分に起こり得ます。ちなみに近年は平均身長が徐々に下がってきているので、最後の+2は不要なのではという意見もあるようです。

両親どちらかの身長が高ければ生まれてきた子どもの身長は必ず高くなるというわけではなく、「高い傾向にある」という統計学的な話だということはご理解ください。しかし、目安として一度計算しておくのは良いでしょう。

骨端線が開いていて骨が伸びやすい

背を伸ばすということは、骨を伸ばすこととイコールです。そして、骨を伸ばす上では「骨端線」と呼ばれる、骨の両端にある軟骨細胞が豊富に存在する部位がキーとなります。

なぜ「線」なのかというと、軟骨細胞はレントゲン上では映らないため、白く映る骨の両端に黒い線が入っているように見えるからです。

骨は、この軟骨細胞が増殖しては少しずつ骨に置き換わっていくことを繰り返して伸びていきます。

軟骨細胞が豊富であれば骨端線は太く見える(開いている)ので、「身長がこれからグンと伸びてくる」と判断ができるのです。

背が伸びる子の特徴に当てはまらない場合は身長は伸びない?

「両親の身長なんて変えられないし、骨端線を開くってどうやって?もう打つ手はない?」と諦めかけていませんか?

身長は生まれる前に全て決まってしまうわけではありません。環境次第で背が伸びやすくなったり、反対に伸び悩むこともあるのです。

例え先程の特徴に当てはまらない子であっても、身長が飛躍的に伸びるチャンスが10代の頃に1度残されています。いわゆる「成長期」です。

骨端線が完全に閉じてしまっていない限りは、成長を妨げない環境づくりをしてあげることで身長を伸ばすことは十分に可能です。

次の項では、成長期を見逃さないコツと、サポートすべきポイントを紹介していきます。

成長期のサインを見逃さない

成長のスパートがかかる時期は一般的に、女子で8-12歳、男子で10-15歳とされていますが、当然個人差はあります。

その子自身の伸び率を定期的に確認することで、成長期に入ったかを早いうちに察知することができます。

具体的には、3-6ヶ月ごとに身長を測るようにするのが良いでしょう。

学校の身体測定が年1回であれば、伸び率の変化を捉えるには不十分なのでご家庭で測るようにしてみて下さい。

また、身長と体重はセットで経過を追っていくことが大切です。

一般的に、身長が急激に伸びる前には体重が一時的に増えます。

これは背を伸ばすために必要なエネルギーを貯めているからです。ですので、成長期に当たるお子さんで、身長の伸びの割に体重が増えている様子があれば、数ヶ月後にグンと伸びてくる可能性があります。

身長だけではなく、体重も定期的に測ることで成長のサインを確実にキャッチして、適切なサポートをしてあげましょう!

栄養バランスが良い食事を摂る

成長期といえば、皆さんまずカルシウムを意識するかと思いますが、他にも成長に必要な栄養素はあります。

具体的にはカルシウムの吸収をサポートするビタミンD、カルシウムの沈着を促進するビタミンKが挙げられます。成長ホルモンの分泌を促すアルギニンやシトルリンも欠かせません。

カルシウムは、単体だと吸収効率が非常に悪い栄養素なのでビタミンD、ビタミンKを一緒に摂取することは大切です。ビタミンDを多く含む食品にはきのこや卵、しらす干しなどがあります。ビタミンKを多く含む食品は、納豆や海藻類です。

アルギニンを含む食品の代表例は鶏肉や大豆、うなぎで、シトルリンはスイカやメロンに多く含まれます。

ただし、ここに挙げた食品を食べるだけでは十分な効果は得られません。栄養素というのはそれぞれが相互に影響を与えながら作用するものなので、結局のところはバランスの良い食事を意識することが大前提となります。

しかし、親御さんも忙しい中、毎日バランスのとれた食事を用意するのは大変ですよね。お子さんが偏食・少食だと更に難しいでしょう。最近では成長期向けのサプリが多数販売されていますので、それらを活用するのもおすすめです。

モリンガ配合の栄養サポートサプリ
ノビエースがおすすめ

  • ビタミン、ミネラル、鉄分が豊富なスーパーフードのモリンガ配合
  • 大豆由来のプロテインやBCAA、HMBが体づくりをサポート
  • 成長期に積極的に摂りたい話題の成分α-GPCも配合

ノビエースは成長に必要な3要素である、食事・睡眠・運動をサポートする成分が配合されている成長補助サプリです。

牛乳で割ればココア風味になるので、毎日美味しく飲めるのがポイント。

大豆由来のプロテインやHMBも配合されているので、成長期の身体作りをサポートしてくれます。

また、成長ホルモンをサポートすると言われ、母乳にも含まれている今話題の成分「α-GPC」も配合。

ノビエース1杯分に配合されているαーGPCの量

ノビエース1杯にこんなにα-GPCが入っているのね。

毎日コップ一杯の牛乳に溶かすだけでこんなに多くの種類の栄養素をバランスよく補えるので、栄養面での不安や献立の悩みも少し軽くなりそうですよね。

初回30日間の返金保証も付いているので、気軽にお試しできそうです。

成長期のサポート成分を本格配合

  • 17種のアミノ酸をバランス良く配合している
  • スポーツをする子どもの強力なパートナー
  • 定期コースは初回500円から始められていつでも解約可能

セノバスプラスは17種のアミノ酸がバランス良く配合されており、その中でもL-アルギニンの配合量は2,500mgとなっています。

アルギニンの推奨摂取量は成人で2,000mg〜4,000mgです。こどもの推奨摂取量は明確に決められていませんが、2,500mg配合されていれば十分といえるでしょう。

他にも成長期に必要な栄養素がたくさん配合されています。

カルシウムやビタミン、乳酸菌などお子さんの成長をサポートする栄養素がたくさん。

好き嫌いの多いお子さんでもりんご味なら、きっと飲めるでしょう。

セノバス+をお得に買える定期コースはいつでも解約可能です。

初回だけ購入した後に、解約することも可能です。1ヶ月だけ買ってみたいという方でも定期コースを利用すればお得です。※解約は次回お届けの5日前までに手続きをしてください

適度な運動をする

毎日身体を動かすことで、食欲が増してしっかりと栄養を取れるようになるほか、適度な疲労によって夜もよく眠れるようになります。成長ホルモンは眠っている間に分泌されるので、日中に活動し、夜はしっかりと眠るというサイクルはとても大切です。

また、骨に対して縦方向の力が加わることで骨が伸びやすくなるとされています。

特に跳躍系(ジャンプ)の動きが効果的で、トランポリンや縄跳びを生活に取り入れると良いでしょう。

スポーツでいえばバスケットボールは背が伸びるスポーツとよく言われていますね。全身を大きく動かす水泳も、水を掻くのに水中で手足を伸ばす動きがある(ジャンプと同じような動き)上に、血流を良くする効果もあるため、背を伸ばすのにはおすすめです。

注意しておきたいのは、ウエイトトレーニングです。成長期は骨と共に筋肉も伸びている途上ですから、怪我をしやすい状態にあります。

また、骨や関節への負担も大きいため、成長を妨げるリスクとなることから自己流ではなく、コーチ等の指導のもとで適切な負荷で行うようにしましょう。

規則正しい生活をする

運動の項で少し触れましたが、骨を伸ばす成長ホルモンは眠っている間に分泌されます。

特に、ノンレム睡眠と呼ばれる深く眠っている時間帯に活発に分泌されることが分かっているので、いかに熟睡するかが背を伸ばすには重要なのです。

そのためには、日中の活動が大切になってきます。

人体は、朝起きて光を浴びてから14-16時間後に睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌され、眠気を感じるようになっています。

このメラトニンを作るにはセロトニンというホルモンが必要で、朝食をしっかり食べる、日中に身体を動かす、といった行為で分泌を増やすことができます。

つまり、夜深く眠るためには日中にいきいきと活動することが重要なのです。

また、夕方以降に強い光を浴びてしまうとメラトニンの分泌が始まらないので、夕食を済ませたらテレビを控えたり、照明を少し暗くしたりといった工夫も取り入れてみてください。

ストレスを貯めないようにする

ストレスは誰にとっても大敵ですが、特に成長期においては、成長ホルモンの分泌が阻害されるという報告があるほか、眠りが浅くなったり、食欲が落ちたりと、心身の発達への影響が甚大です。

一般に、ストレスの要因としては学校でのトラブルが多いとは思いますが、親御さんが身長について過度に気にしすぎることもストレスとなり得ますので、背を伸ばすサポートは無理に押し付けすぎないように配慮したいですね。

背が伸びないと諦めないで!子どもの成長期をサポートしよう

「うちの子、なかなか身長が伸びない…」「両親も平均身長だし、これ以上は伸びない?」といったお悩みを解決するヒントはありましたでしょうか?

お子さんの身長がまだ少しずつでも伸びているのなら、チャンスはあります!骨端線が閉じていない限りは可能性はゼロではないのです。諦めずに生活面や栄養面のサポートをしてあげてくださいね!

目次