身長を伸ばす6つの方法と子供の成長のために押さえておくべき4つのポイント

身長を伸ばす6つの方法と子供の成長のために押さえておくべき4つのポイント

お子さんの身長がなかなか伸びず、「成長期になれば伸びるというけれど、ただ見守るだけでいいの?」と心配している親御さんは多いと思います。

何を食べさせたらいいのか、普段の生活で気をつけることはあるのか…検索すればするほど、結局どうすればいいのか分からなくなってしまいますよね。

この記事では、身長を伸ばす6つの方法と身長を伸ばすために大切な4つのポイントをまとめてみました。

目次

身長が伸びるメカニズム

身長が伸びるのは骨が伸びるからです

「身長が伸びる=骨が伸びる」です。

では骨はどのように伸びるのかというと、骨の両端にある「骨端線」と呼ばれる軟骨部分がキーワードとなってきます。

「成長軟骨帯」とも呼ばれる部分です。

なぜこのように呼ばれるのかというと、レントゲン上だと骨は白く映る一方で、軟骨部分は映らず黒い帯状に見えるためです。

この骨端線は子どもの骨にしかなく、成長期を過ぎた大人には存在しません(骨端線が閉じる、と表現します)。

この仕組みを利用して、まだ成長の余地があるのかどうかを医学的に推定することができます。

骨が伸びるメカニズムに話を戻しましょう。

骨端線に豊富に存在する軟骨細胞に、成長ホルモン等が作用すると、軟骨細胞は活発に増殖していきます。

そこへカルシウムが少しずつ沈着し、骨へと置き換わっていきます。

これを繰り返していくことで骨が伸びる一方、やがて骨端線の軟骨細胞は全て骨に置き換わり、骨端線が閉じます。

これが、骨の成長が終わる瞬間です。

骨端線は一度閉じてしまうと二度と復活しません。

時折、「これを飲んだら骨端線が復活した!!」と宣伝している記事がありますが、それは一時的に軟骨細胞の増殖ペースが落ちたあとに、再び活発になっただけなので鵜呑みにしてはいけません。

骨端線が閉じてしまえば、もう骨は伸びません。貴重な時期を無駄にしないためにも、正しい知識を身につけましょう!

子供の成長のために押さえておくべき4つのポイント

子供の成長に重要なポイント

ではその貴重な時期に行うべきことは何でしょうか?

ここでは4つのポイントを挙げていきますが、実はどれも特別なことではありません。

だからこそ、ついおろそかにしてしまいがちな事柄でもあります。改めて、意識していきましょう!

規則正しい睡眠をこころがける

まず大切なのは、睡眠です。成長ホルモンは夜間深く眠っている時に分泌が盛んになります。

特に、寝入ったあと最初のレム睡眠(深い眠り)が成長ホルモンの分泌には非常に重要と言われています。早く寝ることも大切ですが、深く眠ることがポイントです。

朝日を浴びて12-14時間後に、メラトニンと呼ばれる眠気を誘発するホルモンが分泌されるようになるので、朝起きる時間も気をつけてみましょう。

周囲が明るいとメラトニンは分泌されないため、お子さんがベッドに入る1-2時間前は間接照明でゆったりと過ごすようにするのもオススメです。

適度な時間、日光をあびる

近年は日焼けを気にする親御さんも多いと思いますが、過剰な日焼け対策は成長を妨げてしまうということをご存知ですか?

日光を浴びることで生成されるビタミンDには、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。

しかしガラス越しの日光浴ではビタミンDを生成する紫外線UVBは届かず、肌を老化させるといわれる紫外線UVAだけが通り抜けてくるため、体内時計のリセット以外にはあまりメリットはありません。

ビタミンDの生成には10分ほどの日光浴で十分なので、出来るだけ毎日外で過ごす機会を作りたいですね。手のひらを日に当てるだけでも効果があると言われています。

外で活動できない猛暑の時期や、逆に寒さが厳しい冬は、後述するサプリ等でビタミンDを補充しても良いでしょう。

正しい姿勢を心がける

姿勢が悪いと身体全体のバランスが崩れるので、運動効率が悪く疲れやすくなったり、運動能力の発達に影響が出てきてしまいます。

よく動くことは、成長を促す骨への刺激となる上、良質な睡眠にも繋がりますし、食欲増進にも効果的です。

活発に動けるよう、正しい姿勢をサポートしていきましょう。

特に、重たい荷物を片側だけで持つような習慣があると左右非対称な姿勢になりがちです。

また、姿勢が悪いと呼吸が浅くなり、酸素供給が乏しくなるため脳の働きが鈍くなります。

そのため、姿勢は学力にも影響があると言われています。成績が思うように上がらないと、自信がなくなり、胸を張って過ごせないという悪循環にもなりかねません。

頭のてっぺんから糸で吊られているイメージでまっすぐ立つようにすると姿勢が整いますよ。

バランスの取れた栄養を摂る

成長にはカルシウムやタンパク質ばかりに気が向いてしまいがちですが、実はビタミンやミネラルも骨の成長・強化には欠かせません。

例えばビタミンKはカルシウムが骨に沈着するのを助け、骨を丈夫にしますし、ビタミンB群は骨粗鬆症のリスクとなるホモシステインの働きを抑制してくれます。

カルシウムとともに骨に沈着し、骨を強化しているのはマグネシウムです。

これらビタミン・ミネラルは身体にはほんの僅かしか必要ないのですが、不足すると適切な代謝が行えなくなるため軽視することはできません。

具体的な食べ物については後ほどまたご紹介しますが、特定の食品に偏らずバランス良く食べ、色々な栄養素を摂ることが大切です。

モリンガ配合の栄養サポートサプリ
ノビエースがおすすめ

  • ビタミン、ミネラル、鉄分が豊富なスーパーフードのモリンガ配合
  • 大豆由来のプロテインやBCAA、HMBが体づくりをサポート
  • 成長期に積極的に摂りたい話題の成分α-GPCも配合

ノビエースは成長に必要な3要素である、食事・睡眠・運動をサポートする成分が配合されている成長補助サプリです。

牛乳で割ればココア風味になるので、毎日美味しく飲めるのがポイント。

大豆由来のプロテインやHMBも配合されているので、成長期の身体作りをサポートしてくれます。

また、成長ホルモンをサポートすると言われ、母乳にも含まれている今話題の成分「α-GPC」も配合。

ノビエース1杯分に配合されているαーGPCの量

ノビエース1杯にこんなにα-GPCが入っているのね。

毎日コップ一杯の牛乳に溶かすだけでこんなに多くの種類の栄養素をバランスよく補えるので、栄養面での不安や献立の悩みも少し軽くなりそうですよね。

初回30日間の返金保証も付いているので、気軽にお試しできそうです。

成長期のサポート成分を本格配合

  • 17種のアミノ酸をバランス良く配合している
  • スポーツをする子どもの強力なパートナー
  • 定期コースは初回500円から始められていつでも解約可能

セノバスプラスは17種のアミノ酸がバランス良く配合されており、その中でもL-アルギニンの配合量は2,500mgとなっています。

アルギニンの推奨摂取量は成人で2,000mg〜4,000mgです。こどもの推奨摂取量は明確に決められていませんが、2,500mg配合されていれば十分といえるでしょう。

他にも成長期に必要な栄養素がたくさん配合されています。

カルシウムやビタミン、乳酸菌などお子さんの成長をサポートする栄養素がたくさん。

好き嫌いの多いお子さんでもりんご味なら、きっと飲めるでしょう。

セノバス+をお得に買える定期コースはいつでも解約可能です。

初回だけ購入した後に、解約することも可能です。1ヶ月だけ買ってみたいという方でも定期コースを利用すればお得です。※解約は次回お届けの5日前までに手続きをしてください

身長を伸ばす6つの方法

睡眠・日光浴・姿勢・食事、この4つのポイントを踏まえた上で、今すぐ普段の生活に取り入れられる6つの方法をご紹介します。

  1. 身長が伸びる食べ物を食べる
  2. 身長が伸びるストレッチをする
  3. 身長が伸びる座り方をする
  4. 身長が伸びるスポーツをする
  5. 身長が伸びるサプリを飲む
  6. しっかり寝れる睡眠サプリを飲む

1.身長が伸びる食べ物を食べる

初めに取り組みやすいのは食事でしょうか。

成長期にぜひ食べてもらいたいのは、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンや、カルシウムの吸収を助けるビタミンDを含む食材です。

アルギニンは鶏肉やエビ、大豆などに含まれています。

ビタミンDが含まれている食材としては、きのこや魚類が代表的です。

摂取量の目安など、身長が伸びる食べ物について以下の記事で詳しく紹介しています。

2.身長が伸びるストレッチをする

骨には筋肉が付着していますよね。この筋肉が硬く柔軟性に乏しいと、骨も伸びにくくなると言われています。

また、単純にストレッチで姿勢をまっすぐ整えるだけでも身長は伸びるものです(本来の身長を取り戻す、と言ったほうが正しいかもしれません)。

お子さんは猫背ではありませんか?

もし猫背なら、背中だけではなく首や膝、股関節も僅かに曲がっているはずです。

こういった部分を伸ばすだけでも身長は変わってくるので、ご家族も健康維持を兼ねて一緒に身長を伸ばすストレッチをしてみてはいかがでしょうか?

3.身長が伸びる座り方をする

ストレッチとも関わってくるのですが、普段の姿勢も意識していきましょう。

特に座る姿勢というのは、実は立っている姿勢よりも腰への負担が大きいため、早いうちから正しい姿勢で座ることを習慣づけてあげる必要があります。

成長するに従って、腰への負担は増えますし、何よりせっかくストレッチをしても、猫背の原因を解消しなければ十分な効果が得られません。

椅子や机の高さが合っているかどうかも、成長に応じて定期的に確認が必要です。

勉強中、極端に手元に顔を近づけている場合は、照明の明るさや視力に問題がないかもチェックしてみましょう。

また、足を組んだり肘を付いて座ったりすることで、O脚になるリスクもあります。自分がO脚かもしれないという方は下記記事を参考にしてください。

4.身長が伸びるスポーツをする

身長を伸ばすには、骨に縦方向の刺激(圧力)を加えるのが良いとされています。

特にバスケットボールのような、ジャンプの動きが多い種目が身長が伸びるスポーツだと言われています。

もしご自宅が戸建てなら、家庭用のトランポリンを導入するのも良いでしょう。

また、全身を満遍なく使う水泳も身長にいい影響があると言われています。

反対に、成長期に過度なウェイトトレーニングを行うのは骨に負担をかけるのでオススメできません。

ウェイトトレーニングを行う際は自己流ではなく、コーチ等専門家の指示のもとで適切な負荷を設定して実施しましょう。

5.足りない栄養素をサプリで摂取する

食事とも関わってくる部分ですが、成長期に必要な栄養素は多種多様です。

まだ完成しきっていない体格の割に、成人並に摂取する必要がある栄養素も多く、全てを食事だけで摂るのはなかなか難しいとも言われています。

そういったニーズを受けて、近頃は小学生から飲める身長を伸ばすのに必要な栄養を補うサプリも数多く販売されています。

飲み物に溶かすタイプやグミタイプのものもあるので、お子さんに合ったものを取り入れて栄養を補ってあげるのも良いでしょう。

具体的にどのような商品があるかは、別の記事で紹介しています。

6.しっかり寝れる睡眠サプリを飲む

中学生くらいになると塾や部活で忙しく、就寝時間が遅くなりがちです。

更に、疲れすぎると逆になかなか寝付けないということもあります。

元々眠るのが得意ではない、眠りが浅い、という子もいるかもしれませんね。

眠りやすい環境を整えてあげるのが第一ですが、それだけではなかなか改善しないという場合は、睡眠サプリを利用するのもひとつの手です。

成長に欠かせない良質な睡眠をぜひサポートしてあげましょう。

朝まで寝る方法と睡眠の質を上げる方法についても知っておいて損はないと思います。

ただし、あまりにも寝付きが悪いようなら、何か悩みはないかといった部分にも目を向けてみてくださいね。

身長は大人になるほど伸びにくい!できるだけ早く身長を伸ばす方法に取り組もう

身長が伸びる時期は長い人生のうちでほんの一瞬です。

別の記事で詳しく解説していますが、成長スパートという子供の身長が伸びるタイミングでしっかり栄養を摂る必要があります。

成長スパートについて詳しく知れば、身長はいつまで伸びるのかということや、身長が伸びるサインについても理解することができます。

成長スパートという言葉を初めて聞いた方はぜひこの記事も参考にしてください。

そのタイミングを逃してしまうと、二度と取り戻すことは出来ないという本当に貴重な時期です。

「あの時もっとこうしていたら…」と後悔しないためにも、お子さんの成長が気になるのなら、ぜひ今すぐに今回ご紹介した身長を伸ばす6つの方法を試してみてくださいね。

身長は15歳からだとあと何センチ伸びますか?

男子か女子かによって異なりますが、成長期のピークには個人差があり、異なります。
成長スパートという、身長がよく伸びる時期があります。
身長が止まるサインを見逃さないようにしておきましょう。

身長を伸ばすには何時に寝ればいいですか?

睡眠後の2~3時間から成長ホルモンが分泌される睡眠時のゴールデンタイムに突入します。
午後10時までに就寝することをおすすめします。
また、遅くても午後11時には寝るようにしてください。

背が伸びる子と伸びない子には何の差があるの?

背が伸びる子には特徴が大きく分けて2つの要素があり、一つが遺伝、もうひとつが骨端線の開き具合によって変わります。

目次