MENU

筋トレをしすぎると身長が伸びなくなる?筋肉と身長の関係性について

筋トレをしすぎると身長が伸びなくなる?筋肉と身長の関係性について

小中学生はできるだけ筋トレはしない方が良いとよく聞きます。

子供に筋トレは良くないと信じている親御さんは多いでしょう。

「子供の成長期に筋トレをすると身長が伸びなくなる」という噂は本当なのでしょうか?

結論から言うと、筋トレは正しく成長期の子供一人一人に合わせた方法で行うと、成長を促す効果があります。

しかし、体操選手など筋肉が多い印象がある人は身長が小さい傾向にあります。

子どもの頃から筋トレをしてきた結果のように見えてしまいますよね。

実際に、成長期の筋トレは決して悪いことであるとは立証されていません。

正しく子供の成長に合わせて筋トレを行えば体が丈夫になって怪我を予防できます。

さらに、運動でのパフォーマンスを向上させることが期待できるでしょう。

目次

筋トレの量と身長の伸び率は関係する?

子供が筋トレを行うことが身長の伸びを妨げるという考え方は、適度な運動を行っている場合には一般的には正しくありません。適切な筋トレは身体の発達を支え、全般的な健康を向上させます。それは筋肉の力と持久力を増加させ、骨密度を改善し、心血管の健康を強化します。

身長は両親からの遺伝と全般的な栄養状態によって決まります。骨は成長プレート(エピフィシス)と呼ばれる領域で成長し、これは最終的に閉鎖(癒合)します。(骨端線が閉じると表現します。)これは遺伝とホルモン、特に成長ホルモンと性ホルモンによって調節されます。

過度の筋トレや過度の負荷が成長プレートにダメージを与える可能性があるという懸念がある一方で、適度な運動は身体の健康を維持し、成長ホルモンの分泌を促進します。

要点は、子供が筋トレを行う場合、適切なフォームとテクニックを用い、適切な負荷をかけることが重要であり、専門家の指導下で行うべきです。また、十分な栄養と休息も重要です。あらゆる運動にはリスクが伴いますので、特定の状況下での筋トレについては医療専門家と相談することが推奨されます。

筋肉をつけすぎることのデメリット

筋肉をつけすぎることによって、デメリットはあるのでしょうか。

適切な筋トレは子供の成長に有効ですが、筋肉をつけすぎるデメリットも理解して行いたいものです。

子供の健康的な成長には、筋肉と骨が同時にバランス良く鍛える必要があります。

成長期の前半で筋肉ばかり鍛えてしまうと、骨がその成長に追いつかず、筋肉とのバランスが崩れてしまいます。

骨と筋肉のバランスが崩れると、怪我をしてしまったり、成長に影響を及ぼす可能性があるでしょう。

成長期の前半で鍛えすぎるとバランスが崩れることもある

怪我しやすくなる

成長期の子供は、筋トレによって筋肉をつけすぎると怪我をしやすくなる可能性があります。

小学生から中学生の年代の身体は、骨や軟骨・関節の配置がまだ完全には整っていない時期です。

過度な負担をかけ筋肉をつけすぎると、このバランスが崩れ、怪我につながる可能性があります。

骨の元になる軟骨細胞や、関節は衝撃にもろい造りであり、筋トレをしすぎると崩れやすい特徴があります。

具体的には、筋トレ器具やダンベルを持ち上げたり、長時間のスクワットなどを行うと、骨や関節を損傷する可能性があります。

さらに、骨や軟骨・関節の配置が長期に渡り崩れた状態となると、十分に身体が成長できないことにもなりかねないでしょう。

身体のバランスが整うまでは、過度な筋トレにより、筋肉を付けることは避けた方が良いでしょう。

エネルギーが骨ではなく筋肉に回る

筋トレをしすぎると、身体に蓄えられたエネルギーのほとんどが筋肉に回ってしまう可能性が高いです。

筋トレによって消費される体内のエネルギーのほとんどは炭水化物。

炭水化物は、脳や神経系の成長に対する唯一のエネルギー源であり、筋トレをしすぎるとほとんど筋肉に消費されてしまいます。

また、筋トレによる無酸素運動は筋肉の活動と成長を促しますが、骨や関節に負担がかかります。

そのため、骨の成長が遅くなり、骨と筋肉のバランスが崩れてしまいます。

過度な筋トレは、子供の成長に悪影響を及ぼす可能性があるので気をつけましょう。

身体のエネルギーが骨・関節・筋肉にバランスよくいきわたる運動を心がけると、健康的な成長を促すことに繋がります。

成長期のピーク、成長スパートについて知っておこう

子供の成長期のピーク成長スパートというのがあるのを知っていますか?

子供の成長期を支援するにあたって、これらを詳しく理解しておくことも重要です。

一般的に、子供の身長が急激に伸びる時期は第一次成長期と第二次成長期があります。

小中学生の思春期の時期は、第二次成長期に当てはまり、この時期を成長スパートと言います。

成長スパートの年齢は男子で13歳頃、女子で11歳頃が当てはまります。

成長スパートは、急激に身長が伸びる時期であり、身長を伸ばす最後の時期とも言われています。

特にこの時期は、摂取する栄養素は筋肉ではなく、骨にいかせるような工夫が必要です。

成長期のピークは、昔より1〜2歳も年齢が早くなっているのを知っているでしょうか。

文部科学省の平成28年度の学校保健統計によると、男子は11〜12歳頃、女子は9〜10歳頃に発育のピークになると報告されています。

子供の成長期のピークが来る前に、しっかり発育が出来るような環境を整えることが大切です。

成長期のピークや成長スパートを理解して、子供の時期に合わせた適切な運動や筋トレを心がけましょう。

成長スパート開始のサインを見抜こう

15歳までで学ぶべきことは身体の動かし方や使い方

中学生の時期にあたる15歳頃までに必要なのは筋トレより、体の動かし方や使い方を学んだ方が良いでしょう。

15歳までのトレーニング開始時期ではなく、それぞれの年齢に合わせたトレーニングを行っているかが重要と言われています。

もちろん、人によって個人差はありますが、一般的な発達のパターンを知っておくことが大切です。

15歳までで身体の動かし方や使い方を学ぼう

成長期の前半である11歳以下は、筋肉より神経系の働きが活発です。

複雑な動きを学習し、習得する能力に優れており、機敏性を向上させるような複雑な運動を練習しましょう。

成長期の中盤である12〜14歳は呼吸や循環器系の能力が向上する時期です。

全身の持久力の向上が期待でき、筋肉を鍛えることによって、長時間の運動を習慣化することが重要です。

成長期のそれぞれの時期に合わせて、子供の発達する能力を引き出せるような運動やトレーニングをしていきましょう。

適度な筋トレはOK!筋トレは高校生(16歳以上)になってからがおすすめ

適切な筋トレが成長期の子供には必要ですが、何歳になったら筋トレが可能なのでしょうか。

適度な筋トレは高校生の時期である16歳以上になってからがおすすめです。

成長期の前半から中盤にかけては、今後の運動を安全に行うために、骨や筋肉の発達を整える時期と考えられます。

成長期の後半である16〜18歳の時期は、骨と筋肉の発達が著しい時期です。

特に男子は筋力と瞬発力の向上が著しいので、筋力強化を目的としたトレーニングを具体的に取り組むことができるでしょう。

子供の発達に合わせて筋力トレーニングを取り入れ、健康的な身体の成長を促しましょう。

身長を伸ばしたいならバランスの良い生活が必須!

子供の身長を伸ばすには、筋トレ以外に他にどのような事をすれば良いのでしょうか。

成長期の身長を伸ばすには、バランスの良い生活を心がけることが必須。

規則正しい生活が、子供の適切で健康的身体の成長を促すからです。

バランスの良い生活とは、食事による十分な栄養素の補給、毎日決まった時間にしっかり睡眠をとること、習慣的に適切な運動をすることなどが大切です。

生活習慣を整える事で、子供の成長を最大限伸ばすことで身長を伸ばすことにつながるでしょう。

子供の成長に重要なポイント

成長期に必要とされる栄養素を多く含む食べ物を食べる

バランスの良い食事が大切なことが分かりましたが、具体的に身長を伸ばす食べ物はあるのか気になりますよね。

身長を伸ばすため、特に必要な食べ物は骨や筋肉に関わる栄養素を摂取する必要があります。

具体的にはタンパク質やアルギニン、カルシウム、亜鉛、ビタミンDを積極的に摂取することです。

たんぱく質は、骨や筋肉の成長を助け、疲労回復を促したり成長期の子供に重要な栄養素です。

とりのささみや豚肉、イワシ、卵、納豆などに含まれます。

アルギニンは滋養食に多く含まれており、身体の成長ホルモンの分泌を促進したり、免疫力の向上や疲労回復にも役立つ栄養素です。

ニンニク、大豆、マグロ、卵、うなぎなどに含まれます。

カルシウムは、体の中で最も多いミネラルで、骨や歯を作る働きがあり、骨粗しょう症の予防にも効果があります。

チーズ、牛乳、小松菜、チンゲン菜、ししゃも、豆腐などに含まれます。

亜鉛は身体の必須ミネラルで、体内で生成されない栄養素です。

タンパク質やDNAの合成に働きかけ、細胞の成長を促したり、免疫の反応を調整したりする役割があります。

牡蠣、煮干し、かつお節、ほたて、肉レバー、ナッツなどに含まれます。

ビタミンDは、健康的な骨や軟骨作りの役割があります。

脂溶性ビタミンであり、脂質を含む肉や魚の食材から摂取すると吸収されやすいです。

あん肝、しらす干し、いくら、うずらの卵などに含まれます。

必要な栄養素を食生活にバランス良く取り入れることで、子供の成長をサポートすることが期待できるでしょう。

モリンガ配合の栄養サポートサプリ
ノビエースがおすすめ

  • ビタミン、ミネラル、鉄分が豊富なスーパーフードのモリンガ配合
  • 大豆由来のプロテインやBCAA、HMBが体づくりをサポート
  • 成長期に積極的に摂りたい話題の成分α-GPCも配合

ノビエースは成長に必要な3要素である、食事・睡眠・運動をサポートする成分が配合されている成長補助サプリです。

牛乳で割ればココア風味になるので、毎日美味しく飲めるのがポイント。

大豆由来のプロテインやHMBも配合されているので、成長期の身体作りをサポートしてくれます。

また、成長ホルモンをサポートすると言われ、母乳にも含まれている今話題の成分「α-GPC」も配合。

ノビエース1杯分に配合されているαーGPCの量

ノビエース1杯にこんなにα-GPCが入っているのね。

毎日コップ一杯の牛乳に溶かすだけでこんなに多くの種類の栄養素をバランスよく補えるので、栄養面での不安や献立の悩みも少し軽くなりそうですよね。

初回30日間の返金保証も付いているので、気軽にお試しできそうです。

成長期のサポート成分を本格配合

  • 17種のアミノ酸をバランス良く配合している
  • スポーツをする子どもの強力なパートナー
  • 定期コースは初回500円から始められていつでも解約可能

セノバスプラスは17種のアミノ酸がバランス良く配合されており、その中でもL-アルギニンの配合量は2,500mgとなっています。

アルギニンの推奨摂取量は成人で2,000mg〜4,000mgです。こどもの推奨摂取量は明確に決められていませんが、2,500mg配合されていれば十分といえるでしょう。

他にも成長期に必要な栄養素がたくさん配合されています。

カルシウムやビタミン、乳酸菌などお子さんの成長をサポートする栄養素がたくさん。

好き嫌いの多いお子さんでもりんご味なら、きっと飲めるでしょう。

セノバス+をお得に買える定期コースはいつでも解約可能です。

初回だけ購入した後に、解約することも可能です。1ヶ月だけ買ってみたいという方でも定期コースを利用すればお得です。※解約は次回お届けの5日前までに手続きをしてください

身長を伸ばすストレッチをする

成長期の身長を伸ばすには、骨や筋肉に負担をかけないように柔軟性を鍛えましょう。

柔軟性を鍛える方が、筋肉を鍛えていく際の伸びしろがあり、骨や筋肉、関節の負担をやわらげることで怪我に強い身体が期待できるからです。

具体的には、脇腹や体幹の筋肉を伸ばすこと、足の股関節を伸ばす、背伸びしてジャンプするなどが良いです。

特に運動をして筋肉をたくさん使用した後や、寝る前、朝起きた後の筋肉が固まりやすい時にストレッチをすると有効と言われています。

普段の生活の中で身長を伸ばすストレッチも取り入れ、子供の成長を促すことが期待できます。

身長を伸ばすのに必要な栄養を補うサプリを飲む

身長を伸ばすにはバランスのとれた食事が大切なことが分かりました。

しかし、毎日忙しい子供の食生活に食事だけでは不足する栄養素も多いです。

そこで、子供の身長を伸ばすのに必要な栄養を補うサプリを活用するのをおすすめします。

子供の成長をサポートするサプリは、低価格帯から、飲み物などに混ぜて簡単に食生活に取り入れやすいものが多いです。

さらに、子供だけでなく家族で飲めるサプリも多いので、子供と一緒に始めてみるのも良いですね。

バランスの良い生活を整えながら、補助的に背が伸びるのに必要な栄養を補うサプリを上手に摂取することで、子供の成長を促す事が期待出来るでしょう。

成長期に必要な栄養を補うサプリを飲む前に知っておいて欲しいこと
目次