MENU

身長と遺伝の関係はどれくらい?親が小さくても身長を伸ばすポイント

身長と遺伝の関係はどれくらい?親が小さくても身長を伸ばすポイント

例え生まれたばかりの赤ちゃんでも、両親に似ているところがあってほっこりすることがあります。

親子は遺伝的に似ているところがあるものです。

背の高さなどの人の成長もまた、ご想像の通り遺伝的要素が強いものです。

しかし、人の成長に関しては遺伝の影響だけで決まるものではありません。

成長には生活習慣や栄養などさまざまな要因が関係しているためです。

成長に大切なポイントを押さえておけば、成長期にしっかりと身長を伸ばす助けになります。

今回の記事では、身長を伸ばす要因や、身長を伸ばすためのポイントをご紹介します。

最後までチェックしてみてください。

目次

身長と遺伝は大きく関係している!

背の高いご両親のお子さんは、なんとなく背が高いことが多い気がしませんか?

背の高さに遺伝の要因が大きく関わっていることは周知の事実です。

子どもの予測身長を両親の身長から算出する式もあります。

  • 男子= (両親の身長の合計+13)/ 2+2
  • 女子= (両親の身長の合計-13)/ 2+2

 となります。

ただし、これは予測される数値です。

この数センチ前後の幅の中に収まることが多いとされていますが、それは「同じ環境のもと同じ条件で育ち、遺伝要素のみで身長が決まるのならば」という話です。 

この数値よりも低くなることがあれば、高くなることもあります。必ずしも、この例にあてはまるわけではありません。

身長を伸ばすには様々な要因が絡んでいる

身長を伸ばすためにはさまざまな要素が関係しています。

そのため、遺伝だけで身長が決まるわけではないのです。

身長を伸ばすためには、骨が成長することが重要です。

では骨の成長を促すものを摂取すればよいのかというと、それだけでは十分ではありません。

成長が促されるような生活習慣を整えることや、成長していけるだけの基本的な身体づくりや体力が必要になってきます。

身長が伸びるには骨が伸びる必要がある

身長が伸びるのは骨が伸びるからです

「身長が伸びる」とはどういうことなのでしょうか。

身長が伸びるためには骨が伸びる必要があります。

骨が伸びるために欠かせない栄養素は、タンパク質とカルシウムです。

タンパク質は骨の骨組みを作る役割をしますし、カルシウムは骨を丈夫にします。

この二つが十分補われないと、骨の成長は滞ってしまいます。

成長ホルモンが分泌される

骨の材料だけ摂取しても十分ではありません。成長を促すホルモンが必要です。

骨は身体の中にたくさんありますが、この1本1本の両端には「骨端線」という軟骨の部分があります。

この部分に脳下垂体から分泌される成長ホルモンが働きかけることで、骨が伸びます。

この骨端線は、大人になるとどうしても固くなってしまいます。固くなると骨の成長が止まってしまうため、やわらかい成長期のうちに、いかに成長ホルモンの分泌を促してあげられるかが重要です。

一生のうちで身長を伸ばせる時期は決まっています。

その重要な時期に、身長を伸ばすための環境を整えてあげられるかどうかによって、将来の身長が決まるのです。

親が小さくても身長を伸ばすためにできること

それでは、具体的に身長を伸ばすためにできることをご紹介します。今日からできることを始めてみましょう。

子供の成長に重要なポイント

規則正しい生活で睡眠時間をしっかり確保する

まず大切なのは、睡眠です。規則正しい生活をし、睡眠時間をしっかりと確保しましょう。

成長ホルモンは深い睡眠の時に分泌が盛んになります。

特に、眠りについたあと一番初めのレム睡眠(深い眠り)で成長ホルモンの分泌が盛んに行われるため、非常に重要と言われています。

寝る時間も大切ですが、眠りの深さも重要です。

深い眠りのためには、日中しっかりと身体を動かすことが必要です。

また、朝日を浴びて14〜16時間後に、眠気を誘発するメラトニンというホルモンが分泌されます。朝起きる時間にも気をつけてみましょう。

寝付きが悪いという方は、睡眠サプリなどを利用してみるのもおすすめです。

メラトニンは周囲が明るいと上手く分泌されないため、ベッドに入る1~2時間前にはゆったりと間接照明の部屋などで過ごすようにすると、メラトニンの分泌を促せます。

一方、タブレットや携帯電話などのブルーライトは深い眠りを妨げるので、寝る前の使用には注意が必要です。

適度な運動をして身体を活性化させる

日中良く活動することは骨の成長を促す刺激となります。

骨に刺激を与えることで、骨端線が活性化して身長が伸びます。 このため、小学校中〜高学年などの成長期のピークを迎える前に、運動を定期的に行う習慣をつけると、骨が刺激されて成長を促せるでしょう。

また、適度な運動は夜間に深い睡眠を得るためにも効果的です。

成長ホルモンの分泌を十分促すことに繋がります。食欲増進にも効果的です。

成長スパートに入ったら栄養をしっかり摂ろう

成長スパート開始のサインを見抜こう

身長が著しく伸びる成長スパートの時期に入ったら、タンパク質やカルシウムの栄養をしっかりと摂取することが大切です。骨の成長の材料がなければ、伸びたくても伸ばすことができません。

また、特定の食べ物だけ食べればよいものではなく、成長にはさまざまな栄養分が必要です。

基本的な食習慣を身に着け、欠食などをせず、バランスよく食べるようにしましょう。

摂取しにくい栄養素は成長サプリで補う

成長のためにはカルシウムやタンパク質ばかりに注意がいきがちですが、実はビタミンなども骨の成長には欠かせません。

例えば、ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きをしますし、ビタミンKはカルシウムが骨に沈着するのを助けて骨を丈夫にしてくれます。

また、アルギニンやシトルリンといったアミノ酸は脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促す働きをします。

これらのビタミンやアミノ酸などは不足すると適切な代謝が行えなくなるため、軽視することはできません。

具体的な背を伸ばす食べ物については別の記事で紹介していますが、決まった食品だけに気を付けるのではなく、バランス良くさまざまな栄養素を摂取することが大切です。

しかし、毎日すべての食事でバランスよく栄養を摂取するのはとても大変なことです。

また、含まれる種類や量が少なく、食事で摂取するには効率が悪い栄養素もあります。そんな時には背が伸びるのに必要な栄養を補うサプリを利用するのも効率的な方法です。

普段の食事と合わせて利用すれば、成長期を逃さず、確実に必要な時期にしっかりと栄養補給ができます。

モリンガ配合の栄養サポートサプリ
ノビエースがおすすめ

  • ビタミン、ミネラル、鉄分が豊富なスーパーフードのモリンガ配合
  • 大豆由来のプロテインやBCAA、HMBが体づくりをサポート
  • 成長期に積極的に摂りたい話題の成分α-GPCも配合

ノビエースは成長に必要な3要素である、食事・睡眠・運動をサポートする成分が配合されている成長補助サプリです。

牛乳で割ればココア風味になるので、毎日美味しく飲めるのがポイント。

大豆由来のプロテインやHMBも配合されているので、成長期の身体作りをサポートしてくれます。

また、成長ホルモンをサポートすると言われ、母乳にも含まれている今話題の成分「α-GPC」も配合。

ノビエース1杯分に配合されているαーGPCの量

ノビエース1杯にこんなにα-GPCが入っているのね。

毎日コップ一杯の牛乳に溶かすだけでこんなに多くの種類の栄養素をバランスよく補えるので、栄養面での不安や献立の悩みも少し軽くなりそうですよね。

初回30日間の返金保証も付いているので、気軽にお試しできそうです。

成長期のサポート成分を本格配合

  • 17種のアミノ酸をバランス良く配合している
  • スポーツをする子どもの強力なパートナー
  • 定期コースは初回500円から始められていつでも解約可能

セノバスプラスは17種のアミノ酸がバランス良く配合されており、その中でもL-アルギニンの配合量は2,500mgとなっています。

アルギニンの推奨摂取量は成人で2,000mg〜4,000mgです。こどもの推奨摂取量は明確に決められていませんが、2,500mg配合されていれば十分といえるでしょう。

他にも成長期に必要な栄養素がたくさん配合されています。

カルシウムやビタミン、乳酸菌などお子さんの成長をサポートする栄養素がたくさん。

好き嫌いの多いお子さんでもりんご味なら、きっと飲めるでしょう。

セノバス+をお得に買える定期コースはいつでも解約可能です。

初回だけ購入した後に、解約することも可能です。1ヶ月だけ買ってみたいという方でも定期コースを利用すればお得です。※解約は次回お届けの5日前までに手続きをしてください

身長の伸び率は未知数!諦めてはいけない!

身長の伸びが遺伝の影響を受けやすいのは確かなことです。

しかし、遺伝のみで決まるものではありません。

背を伸ばすためには骨の成長が必要であり、そのためには骨の材料となる栄養素の摂取と成長ホルモンが欠かせません。

背が伸びる時期には限りがあります。その成長期に、しっかりとタンパク質やカルシウムなどの栄養と、成長ホルモンの分泌を促す生活習慣を整えましょう。

成長ホルモンは深い睡眠の間に分泌されますから、睡眠を整えることが重要です。

また、アルギニンやシトルリンといったアミノ酸が分泌を促しますが、毎日食事で効率よく摂取するのは難しいこともあるでしょう。

サプリメントなどで補い、必要な時期に十分摂取できるようにする方法もあります。

成長期には十分に睡眠や栄養をとって、諦めずに体が伸びる能力を最大限に引き出しましょう。

目次